資料情報
※PDFファイルの表示・印刷には無償のAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerのダウンロードはこちら。
かはく技術史大系(技術の系統化調査報告書) 図書一覧/概要
産業技術の歴史 国際シンポジウム報告(前編) 2001
PDFファイルダウンロード
※各分野の情報をご覧いただけます。

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告(前編) 2001

2001年2月

  • 基調講演
    「20世紀の産業遺産による博物資源立国への道」
    川口昭彦(東京大学総合研究博物館 館長)

  • 基調報告
    「産業技術史ナショナルセンターに求められる機能と役割」
    清水慶一(国立科学博物館 理工学第四研究室室長)

  • 事例報告
    「北九州産業技術博物館構想について」
    末吉興一(北九州市長)

  • 特別講演
    「新たな学術分野(技術革新学)の形成に向けて -産業技術博物館と技術革新学-」
    吉川弘之(国立科学博物館 産業技術史調査会委員長/放送大学長)

  • 基調講演
    「我々は人工物である -アメリカの技術史研究と博物館についての考察-」
    スティーブン・カトクリフ(リーハイ大学、STSプログラム学科長)

  • 事例発表
    「矢印またはマトリックス:技術の社会的文化的構築」
    グレゴリー・クランシー(シンガポール国立大学助教授)

  • パネル
    ディスカッション
    「産業技術史博物館で行う調査・研究−技術開発の経験を新たな資源とするためには−」

  • コーディネーター
    鈴木基之(産業技術史資料の評価・保存・公開等に関する調査研究」企画推進委員会委員長/国際連合大学副学長)

  • パネリスト
    スティーブン・カトクリフ(リーハイ大学、STSプログラム学科長)
    グレゴリー・クランシー(シンガポール国立大学助教授)
    富浦梓(新日本製鐵株式会社 顧問)
    中島尚正(東京大学大学院工学研究科 教授)

産業技術史の歴史 国際シンポジウム報告(後編) 2001
PDFファイルダウンロード
※各分野の情報をご覧いただけます。

産業技術史の歴史 国際シンポジウム報告(後編) 2001

2001年2月

  • 基調講演
    「20世紀の産業遺産による博物資源立国への道」
    川口昭彦(東京大学総合研究博物館 館長)

  • 基調報告
    「産業技術史ナショナルセンターに求められる機能と役割」
    清水慶一(国立科学博物館 理工学第四研究室室長)

  • 事例報告
    「北九州産業技術博物館構想について」
    末吉興一(北九州市長)

  • 特別講演
    「新たな学術分野(技術革新学)の形成に向けて -産業技術博物館と技術革新学-」
    吉川弘之(国立科学博物館 産業技術史調査会委員長/放送大学長)

  • 基調講演
    「我々は人工物である -アメリカの技術史研究と博物館についての考察-」
    スティーブン・カトクリフ(リーハイ大学、STSプログラム学科長)

  • 事例発表
    「矢印またはマトリックス:技術の社会的文化的構築」
    グレゴリー・クランシー(シンガポール国立大学助教授)

  • パネル
    ディスカッション
    「産業技術史博物館で行う調査・研究−技術開発の経験を新たな資源とするためには−」

  • コーディネーター
    鈴木基之(産業技術史資料の評価・保存・公開等に関する調査研究」企画推進委員会委員長/国際連合大学副学長)

  • パネリスト
    スティーブン・カトクリフ(リーハイ大学、STSプログラム学科長)
    グレゴリー・クランシー(シンガポール国立大学助教授)
    富浦梓(新日本製鐵株式会社 顧問)
    中島尚正(東京大学大学院工学研究科 教授)

技術の系統化調査報告 

技術の系統化調査報告 

2001年6月

  • VTR 技術開発資料集1
    【VTR懇話会・シャープ・ソニー・松下電器】

  • VTR 技術開発資料集2
    【東芝・NEC・日立】

  • VTR 技術開発資料集3
    【NHK・日本ビクター・日立国際電気・TDK・日立マクセル・富士フィルム】

産業技術史の歴史 国際シンポジウム報告1/4 2002
PDFファイルダウンロード
※各分野の情報をご覧いただけます。

産業技術史の歴史 国際シンポジウム報告1/4 2002

2002年2月

  • 基調講演
    「ミュンヘンにおける産業技術史研究の特徴 −大学と博物館の二重螺旋」
    ヘルムート・トリシュラー
    (ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター長)

  • 基調報告
    「産業技術史資料情報ナショナルセンターの目的」
    清水慶一(独立行政法人国立科学博物館 理工学第四研究室室長)

  • 基調講演
    「スミソニアンの新たな挑戦とその展望」
    スティーブン・ルーバー
    (スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)

  • 基調報告
    「拠点博物館構想に期待するもの」
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)

  • 特別講演
    「ナショナルセンターで取り組む技術革新研究」
    吉川弘之(国立科学博物館 産業技術史調査会委員長/
    産業技術総合研究所 理事長)

  • パネル
    ディスカッション
    「ナショナルセンターに求められるも社会的役割について」

  • コーディネーター
    鈴木基之(産業技術史資料の評価・保存・公開等に関する調査研究」企画推進委員会委員長/国際連合大学副学長)

  • パネリスト
    スティーブン・ルーバー(スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)
    ヘルムート・トリシュラー(ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター センター長)
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)
    小泉成史(フリージャーナリスト、元読売新聞記者)

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告2/4 2002
PDFファイルダウンロード
※各分野の情報をご覧いただけます。

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告2/4 2002

2002年2月

  • 基調講演
    「ミュンヘンにおける産業技術史研究の特徴 −大学と博物館の二重螺旋」
    ヘルムート・トリシュラー
    (ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター長)

  • 基調報告
    「産業技術史資料情報ナショナルセンターの目的」
    清水慶一(独立行政法人国立科学博物館 理工学第四研究室室長)

  • 基調講演
    「スミソニアンの新たな挑戦とその展望」
    スティーブン・ルーバー
    (スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)

  • 基調報告
    「拠点博物館構想に期待するもの」
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)

  • 特別講演
    「ナショナルセンターで取り組む技術革新研究」
    吉川弘之(国立科学博物館 産業技術史調査会委員長/
    産業技術総合研究所 理事長)

  • パネル
    ディスカッション
    「ナショナルセンターに求められるも社会的役割について」

  • コーディネーター
    鈴木基之(産業技術史資料の評価・保存・公開等に関する調査研究」企画推進委員会委員長/国際連合大学副学長)

  • パネリスト
    スティーブン・ルーバー(スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)
    ヘルムート・トリシュラー(ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター センター長)
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)
    小泉成史(フリージャーナリスト、元読売新聞記者)

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告3/4 2002
PDFファイルダウンロード
※各分野の情報をご覧いただけます。

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告3/4 2002

2002年2月

  • 基調講演
    「ミュンヘンにおける産業技術史研究の特徴 −大学と博物館の二重螺旋」
    ヘルムート・トリシュラー
    (ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター長)

  • 基調報告
    「産業技術史資料情報ナショナルセンターの目的」
    清水慶一(独立行政法人国立科学博物館 理工学第四研究室室長)

  • 基調講演
    「スミソニアンの新たな挑戦とその展望」
    スティーブン・ルーバー
    (スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)

  • 基調報告
    「拠点博物館構想に期待するもの」
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)

  • 特別講演
    「ナショナルセンターで取り組む技術革新研究」
    吉川弘之(国立科学博物館 産業技術史調査会委員長/
    産業技術総合研究所 理事長)

  • パネル
    ディスカッション
    「ナショナルセンターに求められるも社会的役割について」

  • コーディネーター
    鈴木基之(産業技術史資料の評価・保存・公開等に関する調査研究」企画推進委員会委員長/国際連合大学副学長)

  • パネリスト
    スティーブン・ルーバー(スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)
    ヘルムート・トリシュラー(ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター センター長)
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)
    小泉成史(フリージャーナリスト、元読売新聞記者)

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告4/4 2002
PDFファイルダウンロード
※各分野の情報をご覧いただけます。

産業技術の歴史 国際シンポジウム報告4/4 2002

2002年2月

  • 基調講演
    「ミュンヘンにおける産業技術史研究の特徴 −大学と博物館の二重螺旋」
    ヘルムート・トリシュラー
    (ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター長)

  • 基調報告
    「産業技術史資料情報ナショナルセンターの目的」
    清水慶一(独立行政法人国立科学博物館 理工学第四研究室室長)

  • 基調講演
    「スミソニアンの新たな挑戦とその展望」
    スティーブン・ルーバー
    (スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)

  • 基調報告
    「拠点博物館構想に期待するもの」
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)

  • 特別講演
    「ナショナルセンターで取り組む技術革新研究」
    吉川弘之(国立科学博物館 産業技術史調査会委員長/
    産業技術総合研究所 理事長)

  • パネル
    ディスカッション
    「ナショナルセンターに求められるも社会的役割について」

  • コーディネーター
    鈴木基之(産業技術史資料の評価・保存・公開等に関する調査研究」企画推進委員会委員長/国際連合大学副学長)

  • パネリスト
    スティーブン・ルーバー(スミソニアン協会アメリカンヒストリー技術史部門長)
    ヘルムート・トリシュラー(ドイツ博物館 研究部門長/ミュンヘン科学技術史センター センター長)
    宮田清蔵(東京農工大学 学長)
    小泉成史(フリージャーナリスト、元読売新聞記者)

技術の系統化調査報告 

技術の系統化調査報告 

2002年12月

  • 塩化ビニル樹脂技術史資料集-技術開発者達の証言と関連資料-
    宮本眞樹

技術の系統化調査報告 共同研究編 第1集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第1集

2007年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第2集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第2集

2008年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第3集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第3集

2009年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第4集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第4集

2011年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第5集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第5集

2012年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第6集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第6集

2013年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第7集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第7集

2014年3月

技術の系統化調査報告 共同研究編 第8集
PDFファイルダウンロード

技術の系統化調査報告 共同研究編 第8集

2015年3月

≪ 前のページへ戻る