顕微鏡用アポクロマート対物鏡 (10×, 20×, 40×整光環付, 90×油浸)

資料番号 : 907290890003
所在等 オリンパス技術歴史館「瑞古洞」
所在地 東京都八王子市
製作(製造)年 1934
種類 量産品
製作者(社)等 株式会社高千穂製作所
調査機関団体 顕微鏡(長野主任調査員)
特徴 色収差を極限まで補正したアポクロマート対物レンズ(1886年にドイツのアッべが発明)は、蛍石やミョウバンなど特殊な光学材料を使うため、当時わが国では製造が不可能とされていた。高解像の90倍油浸(1931年に試作品完成)と整光環(カバーガラスの厚み誤差による像劣化を調整する機構)付40倍アポクロマート対物レンズは、当時のわが国の光学・精密技術水準の高さを示す画期的製品である。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る