日本初のニトロセルロース系ラッカー「セルバ色見本帳」 1953版

資料番号 : 904490571002
所在等 関西ペイント株式会社 尼崎事業所内
所在地 兵庫県尼崎市
製作(製造)年 1953年
種類 量産品
製作者(社)等 関西ペイント
調査機関団体 平成21年度大沼主任調査員調査分
特徴 日本では、ニトロセルロース系ラッカーは1926年(大正15年=昭和元年)に関西ペイントから発売され、翌1927年(昭和2年)日本ペイントが発売した。国産ニトロセルロースラッカーの登場は、量産塗装を可能とした革新的な出来事であった。1932年(昭和7年)には日本初の本格的乗用車に「セルバ」(商品名 関西ペイント)が塗装されたが、当時日本では未だ自動車産業は未発達であり、国産ラッカーは主に兵器などに塗装された。特に満州事変(1931年 昭和6年)以降需要が急増した。当時の技術を知る資料として、塗色56色を収録し、ならびにセルバの製品説明が付記されている「セルバ色見本帳1953年版」がある。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る