デュリメット微小荷重硬度計 DURIMET

資料番号 : 903490460002
所在等 日本ベルパーツ株式会社
所在地 千葉県八千代市
製作(製造)年 1953
種類 量産品
製作者(社)等 ドイツ:ライツ(LEITZ)社
調査機関団体 平成20年度小賀主任調査員調査分
特徴 ドイツ:ライツ社が1940年代に開発・製品化した微小荷重硬度計で、製品名称は“デュリメット(DURIMET)”。添付の硬さ換算表によれば、最大2kgf から最小10gf の試験荷重範囲で、ダイヤモンド四角錐圧子によるビッカース硬さ測定ができる、その当時としては画期的な卓上型の高精度微小硬さ試験機に仕上げられている。現在も使用されているこの硬度計は第2次大戦後早くに輸入された2台目のものである。その後、我国では1954年(昭和29年)に、(株)島津製作所が“デュリメット型微小硬度計”を製品化している。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る