初期のフライバックトランスとフェライトコア

資料番号 : 903190430008
所在等 TDK(株)TDK歴史館
所在地 秋田県にかほ市
製作(製造)年 1955
種類 量産品
製作者(社)等 TDK(株)
調査機関団体 平成20年度一ノ瀬主任調査員調査分
特徴 1953年にテレビの本放送が開始され、テレビ時代を迎えると、ブラウン管を発光させるための高圧トランス(フライバックトランス)が必要になり、生産されるようになった。以来フライバックトランスは大幅に小型化されながら、ブラウン管テレビ用に数多く使用された。写真は初期の白黒テレビに使用されていたフライバックトランスとフェライトコアで、10KV程度の高電を発生させていた。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る