SB60形タービン SB60C-M

資料番号 : 903090420002
所在等 新日本石油精製(株)川崎製造所
所在地 神奈川県川崎市
製作(製造)年 1985
種類 その他(受注生産機)
製作者(社)等 三井造船(株)
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 SB60C-M形ガスタービンは、三井造船(株)が、海外メーカの技術に依らず、独自に開発した純国産二軸式ガスタービンである。産業用でありながら、航空転用形ガスタービンにも匹敵する高い熱効率を有し、単筒形の燃焼器を採用することによって、低カロリーガスを含む多様な燃料に対応することが可能である。商用第1号機は、1985年、浮島石油化学(株)浮島工場(現、新日本石油精製(株)川崎製造所)に納入され現在も稼働中である。なお、SB60C-M形は、1988年に「ムーンライト計画・高効率ガスタービン」の成果を取り入れ、タービン入口温度の高温化を図り、一軸式としたSB60D形に発展した。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る