ER6-10形多点記録計 ER6-10 大型電子式自動平衡記録計(ER Series)

資料番号 : 902890390004
所在等 横河電機株式会社
所在地 東京都武蔵野市
製作(製造)年 1962
種類 量産品
製作者(社)等 (株)横河電機製作所(現横河電機株式会社)
調査機関団体 平成19年度若狭主任調査員調査分
特徴 ER6-10形多点記録計 1962年製造 計器番号730B10
大型電子式自動平衡記録計(ER Series)トランジスタ増幅器内蔵。
高度経済成長へ向けて国内産業の生産性を高めるため、横河電機は工業計器開発に取り組み、1950年(昭和25年)にER型電子管式自動平衡記録計の1号機を完成させた。ER Series を世に送り出すことにより、国内における「オートメーション」の定着を支えた。当時は機械式サーボ方式自動制御装置が普及していたが、横河電機は他社に先駆けて電気式サーボ方式を完成させた。開発当初の機種は増幅器にST管を使用していたが、1952年からはMT管を採用。1960年からトランジスタ、1970年代のモデルではICが使われた。この技術の確立により、その後の工業計器メーカへ成長をとげる礎となった。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る