只見発電所の世界最大容量(65,800kW)のバルブ水車

資料番号 : 901390200021
所在等 電源開発(株) 東日本支店 只見発電所
所在地 福島県南会津郡只見町
製作(製造)年 1987
種類 その他
製作者(社)等 日立
調査機関団体 平成18年度田中主任調査員調査分
特徴 ・オイルショックを契機として、残存する遊休落差を利用した水力発電が進められた。この只見発電所は19.8mの落差を利用したものであるが、従来のカプラン水車と比較した結果、性能および経済性の優れるバルブ水車を採用した。 ・このバルブ水車は、1989年に運転を開始したが、当時世界最大容量のバルブ水車である。このバルブ水車の設計にあたっては、8分の1模型、4分の1部分模型により各種強度試験を実施し、バルブ支持構造の安全性、特に耐震強度についての安全性を確認した。写真は現地据付後の水車ランナを示す。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る