STRUCTURE OF THE FURNACE (自溶炉建設図)一式

資料番号 : 901090161001
所在等 古河機械金属株式会社
所在地 栃木県日光市
製作(製造)年 1955
種類 設計図・文献
製作者(社)等 オートクンプ社
調査機関団体 平成17年度酒匂主任調査員調査分
特徴 現在世界(日本を含む)の銅溶錬炉の主流となっている自溶炉は、1949年にフィンランドのオートクンプ社で初めて工業化された。古河鉱業(現古河機械金属)では、1954年に自溶炉ライセンシー第1号として技術導入し、オートクンプ社から提供された製作図面に基づき、日本国内の第1号炉を建設した。古河鉱業ではこの炉をベースに研究改善を重ね、世界の自溶炉発展に大きく寄与した。ここにリストアップした図面はオートクンプ社から供与された現存する製作図面の一部である。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る