組立式真空管

資料番号 : 900890141012
所在等 KDDI株式会社
所在地 栃木県小山市
製作(製造)年 1940
種類 試作品
製作者(社)等 国際電気通信株式会社と株式会社西川機械製作所の共同開発
調査機関団体 平成18年度森島主任調査員調査分
特徴 海外放送充実のため、放送用大出力送信機の真空管として1940年頃に開発された。真空ポンプで排気しながら使用する冷却式の真空管で、出力200kWという当時としては最大級のものであった。合計29本製作したが、実際に送信機に使用可能と認定された良品は8本のみ。1945年秋、100kWの送信機でテストを行ったが、実用化されなかった。重量:71.9kg、真空管部の高さ:1025mm、主要部品数:54種。尚、公開には予約が必要。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る