シャープペンシル(最も初期の早川式繰出鉛筆)

資料番号 : 800270031002
所在等 シャープミュージアム
所在地 奈良県天理市
製作(製造)年 1915
種類 量産品
製作者(社)等 シャープ株式会社
調査機関団体 シャープ株式会社
特徴 1915年(大正4年)にシャープ株式会社の創業者早川徳次が発明、考案した早川式繰出鉛筆。いつも先が尖っていてすぐに書き出せる鉛筆ということから「エバーレディーシャープペンシル」と名付けられた。シャープ株式会社の社名の由来となった製品。1枚の板を円筒状に成型し、細い芯が繰り出されるようになっている。(登録実用新案第54357号第113類 出願大正9年10月22日 登録大正9年11月22日)
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る