タングステンカーバイド金型

資料番号 : 116012130003
所在等 株式会社三井ハイテック
所在地 福岡県北九州市
製作(製造)年 1959
種類 写真
製作者(社)等 株式会社三井ハイテック
調査機関団体 一般社団法人日本金型工業会(協力:素形材センター)
特徴 超硬合金(タングステンカーバイド)素材を研削加工で仕上げた刃物で打抜く精密順送り金型。市販のダイヤモンド砥石だけでは金型刃物を研削仕上加工ができなかったので、ダイヤモンド粉末を埋め込んだ専用砥石を自社で製作して研削仕上加工をできるようにした。製作したタングステンカーバイド金型は、従来のスチール製金型の20倍の耐久性をもち、一研削当たり100万枚のモーターコアを打ち抜くことができる量産型の国内1号機である。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る