ICリードフレーム打ち抜き用金型

資料番号 : 116012130002
所在等 株式会社三井ハイテック 金型事業所
所在地 福岡県北九州市
製作(製造)年 1969
種類 量産品
製作者(社)等 株式会社三井ハイテック
調査機関団体 一般社団法人日本金型工業会(協力:素形材センター)
特徴 当時、ICリードフレームはエッチングと呼ばれる写真製版と薬品腐食の技術を用いて製造されていた。この方法は工程が複雑でコストもかかるため、世界で初めてプレス打抜きによる、ICリードフレーム製造を可能とした精密順送り金型を製作した。この結果、従来の10分の1という大幅なコストダウンが実現した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る