空気液化分離装置 (窒素製造に関する技術資料)

資料番号 : 112211470001
所在等 電気化学工業株式会社青海工場
所在地 新潟県糸魚川市
製作(製造)年 1929
種類 設計図・文献、写真
製作者(社)等 フランス製技術
調査機関団体 日本石灰窒素工業会
特徴 「空気液化分離装置」; 本装置は、石灰窒素製造用として昭和4(1929)年より導入されたもので、空気を圧縮して液体空気を製造し、精留塔で沸点の差を利用して窒素と酸素に分離するもの。窒素は肥料製造用のほか保安用として使われた。酸素は液体で販売する他、原料用としても使用。戦時中は物資の不足のため、液体窒素を原石採取用爆薬としても使用した。平成10年1月の当施設利用終了まで工場発展に寄与した。(写真は平成9年当時のもの)
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る