イオン化式煙感知器 NID-18

資料番号 : 111811430003
所在等 ニッタン株式会社
所在地 東京都渋谷区
製作(製造)年 1965
種類 写真
製作者(社)等 ニッタン株式会社
調査機関団体 一般社団法人全国消防機器協会
特徴 当時、火災により発生する熱で火災を感知する方式が主流な中で、煙による火災の早期発見をめざしたイオン化式煙感知器を開発し、低電圧での製品化に世界で初めて成功。低電圧にすることでシステム化がしやすく消費電力も低く、この方式が消防業界全体の主流となっていった。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る