CAモルタル

資料番号 : 110811310005
所在等 東亜道路工業株式会社
所在地 東京都港区
製作(製造)年 1970-2011
種類 写真
製作者(社)等 東亜道路工業株式会社
調査機関団体 一般社団法人日本アスファルト合材協会
特徴 1970年度に山陽新幹線ではじめて大量施工に成功した軌道である。その開発には、軌道構造のキーポイントとなった緩衝材が使用されており、その材料が“セメントアスファルトモルタル”(以下CAモルタル)である。このCAモルタルは約40年余にわたって新幹線や在来線の諸所で多量に供用されている。敷設された軌道延長は2009年までで3347km(うち在来線859km)余にも達している。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る