オキシクロリネーション法プロセスによる塩化ビニルモノマー製造設備 多管式触媒反応器

資料番号 : 108911001005
所在等 東ソー株式会社南陽事業所
所在地 山口県周南市
製作(製造)年 1966
種類 その他
製作者(社)等 東洋曹達工業株式会社(現、東ソー株式会社)
調査機関団体 (社)日本プラントメンテナンス協会
特徴 東洋曹達工業(現、東ソー(株)南陽事業所)のVCMプラントは、独自の触媒と反応器を用いた我が国初のオキシクロリネーション法プロセスによる塩化ビニルモノマー製造プラントである。昭和41年5月から生産を開始し、現在も四日市事業所(三重県四日市市)とともに生産を継続している。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る