撒大豆粕の発売

資料番号 : 108010891001
所在等 株式会社Jーオイルミルズ
所在地 東京都中央区
製作(製造)年 1914
種類 量産品
製作者(社)等 満州鉄道
調査機関団体 日本植物油協会
特徴 肥料用脱脂大豆は、それまで中国東北部産の丸板状の丸粕(直径60cm)の形態が主流で、農家はそれを削って肥料に使っていた。当社はこれに対し、初めて現在のような撒大豆粕の形に変え、叺(かます)にいれて販売した。満州鉄道時代に五穀豊穣、豊年満作を願う農民の気持ちを表徴して命名された。後に鈴木商店に移譲され、新会社発足に当たり社名にも取り入れられた。昭和14年には、全国生産高の約6割を占めるに至った。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る