アキシャルリード型コイル LAL04NA

資料番号 : 100210021168
所在等 太陽誘電株式会社 R&Dセンター
所在地 群馬県群馬郡棒名町
製作(製造)年 1977
種類 その他(当時のカタログ)
製作者(社)等 太陽誘電株式会社
調査機関団体 社団法人 日本電子機械工業会
特徴 (1)コイルをアキシャル化する事によって,C(コンデンサ),R(抵抗器),D(ダイオード)など,すでにアキシャル化されている他の汎用電子部品と同一のインサータ(部品自動挿入機)で一括搭載が可能となった。(2)数年後には世に先駆けて基板穴ピッチ5mm対応品も発表,電子機器の効率の良い生産と小型化に貢献,コイルのアキシャルタイプ時代を牽引。(3)形状を統一化し,部品生産を一貫ライン構想で実現したので,大量生産を短時間で実現する生産ラインを構築できた。(4)一貫ライン化は当時代で高い信頼性を得る部品となった。また第一次オイルショック以降の家電ブーム(VTR景気)に自動挿入部品として,品質とコストパフォーマンスで市場に応えた。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る