「トモヱ牛乳博物館」 に対する検索結果 : 56

(1-10/56)    次の10件

ブリキ製牛乳缶(5勺容)

最初牛乳はブリキ缶容器(それ以前は柄杓で秤売)で配達された。始め蓋がなかったが、後に口が細くなり和紙、厚紙、コルク栓を用いるようになったが、ガラス瓶が使用されるようになると法律で禁止された。年代:明治14(1881)年代

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳瓶(ギアマン)

日本において最初の牛乳瓶といわれ、蓋をするネジ切があるのが特色である。年代:江戸末期頃(推定)

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳ガラス瓶

牛乳取締規定により最初使用された長首牛乳瓶で、これは人工吹きの瓶で無色及び有色(青緑色等)のものであった。最初は瓶口に薄紙を捻り押し込み、その後、木栓、コルク栓を用いた。年代:明治36(1903)年代

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳ガラス瓶

牛乳を殺菌するようになると、瓶口を金具付の機械栓(瀬戸口・ニッケル等)を用いる瓶装になり、瓶には店名・殺菌法・容量等を浮彫にして牛乳の差別化を図った。年代:大正から昭和初期頃

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳ガラス瓶(黒色)

太平洋戦争中ガラス瓶の資材が欠乏したので、各褐色雑瓶を粉砕した原料で作った黒褐色の広口牛乳瓶(180ミリリットル)である。数少ない非常に稀な瓶である。年代:昭和19(1944)年頃

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳ガラス瓶

牛乳営業取締規則(昭和8(1933)年)により広口瓶に統一され、キャップの打栓、掛け紙(セロハンからポリフード)で覆う(細菌の二次汚染防止)ように義務づけられた。瓶の形態は、丸瓶、6角瓶、角瓶で、容量は、180、200、900ミリリットル等がある。そして時代の経過により字型、色彩が多様化した。(紫フードは種類別牛乳をさす)。年代:昭和25(1950)年代頃

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳キャップ

キャップは当初直径4.25センチメートル[写真]から3.41センチメートル(昭和9年)に統一された。文字は左書で、製造曜日、殺菌法、種類別、製造牛乳店などが明記され、時代の変遷により文面は変わったが、限られた紙面で常に牛乳の内容を解説した。年代:昭和3 (1928)年頃

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳配達の一式

牛乳瓶は180ミリリットル(1合)から200ミリリットル(栄養表示は100グラム単位が便利)に変わり、商品多様化により瓶のデザインも豊富になった。受箱は木製からプラスチック製に変化を見る事が出来る。帽子、集金袋は牛乳配達人の当時の用具である。年代:昭和40(1965)年代頃から

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


世界の牛乳パック

アメリカ・ヨーロッパ・アジア等の牛乳パック(一部瓶を含む)である。種類は牛乳、加工乳、乳飲料、はっ酵乳等。形態は屋根型、レンガ型。内容量は200・500・1000ミリリットル及びガロンのタイプである。各国の食習慣の特徴をみることが出来る。年代:1960年代のものから

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


牛乳瓶通箱と牛乳運搬具

アメリカ製の牛乳通箱で6本入れ(4.4リットル単位)である。重量があったので箱の隅は補強金具を装着している。横にあるのは藁で編んだ牛乳瓶(4本入れ)運搬具で農民の知恵を醸しだしている。

情報所有館 : トモヱ牛乳博物館 


(1-10/56)    次の10件