A形ステップバイステップ交換機

資料番号 : 906690820009
所在等 日本電信電話株式会社 情報ネットワーク総合研究所
所在地 東京都武蔵野市
製作(製造)年 1966
種類 量産品
製作者(社)等 日本電気株式会社
調査機関団体 通信機器(交換機)(川島主任調査員)
特徴 1923(大正12)年の関東大震災後、自動交換機の導入が決定され、英国、ATM社より技術導入された交換機。数年で、国産化された。加入者からのダイヤルにより機器を順々に操作し通話路を設定していく、通話路部と制御部が一体となっている直接制御方式を採用。いわば、超分散処理システム。機械接点のため、保守に多大な労力が必要。各種の改良をしつつ、ステップバイステップ交換方式は、ほぼ昭和時代の全期間、わが国の通信を支え続けた。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る