電気集塵機捕集(EP)灰溶解液中の塩化物(Cl)とカリウム(K)除去装置

資料番号 : 906190750005
所在等 日本錬水株式会社
所在地 東京都千代田区
製作(製造)年 2004
種類 量産品、設計図・文献
製作者(社)等 日本錬水株式会社
調査機関団体 平成25年度草野主任調査員
特徴 紙パルプ製造工程の副産物である黒液は、回収ボイラで燃焼されエネルギーが回収される。更に電気集塵捕集(EP)灰からも蒸解薬剤が回収される。EP灰中の不純物の、Cl を両性イオン交換樹脂で、K を陽イオン交換樹脂で除去する装置を北越製紙と共同開発し、1号機を2004年に北越製紙・新潟に納入。その後王子製紙・富岡(写真、2009年納入)や日本製紙・岩国にも納入され、ボイラの寿命延長・熱効率維持及び薬剤回収に貢献している。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る