叩きダイス

資料番号 : 905390670002
所在等 東京製網株式会社
所在地 茨城県かすみがうら市
製作(製造)年 1940-1950
種類 量産品
製作者(社)等 東京製綱株式会社
調査機関団体 平成23年度谷口調査員
特徴 穴を開けた鋼材を焼き入れしたもので、ワイヤーロープの主材料である硬鋼線を伸線と呼ばれる冷間引き抜き加工で所定の寸法と強度に加工する工具で、叩きダイスまたは叩きバン(関西地区での呼び名)と呼ばれていた。
叩きダイスは伸線加工の初期から使い続けられていたが、WC超硬合金ダイスが誕生し普及した昭和30年代後半には急速に廃れていった。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る