日本最古の煉瓦造り油・ワニス焚き工場「日本ペイント明治記念館」

資料番号 : 904490571006
所在等 日本ペイント株式会社 東京事業所
所在地 東京都品川区
製作(製造)年 1909年
種類 その他(建造物)
製作者(社)等 清水組(現清水建設)
調査機関団体 平成21年度大沼主任調査員調査分
特徴 明治31年、国産塗料工業の鼻祖:光明社が日本ペイント製造株式会社に改組時の塗料販売量は213tでしたが、明治41年には3057tに達する急伸長で、生産体制の全面見直しが必要となりました。明治38年に大阪工場の新設後、明治40~42年の間に、東京工場は生産能力を3倍にするべく、全面改修工事を行い、初めて煉瓦造りの油ワニス焚き工場(約160m2)を建設しました。
この工場棟は大正12年の関東大震災や、昭和20年の戦災にも耐え、品川区内で唯一の明治期建設の洋風建築物となったため、品川区教育長からの要請を受け、「明治記念館」と称して保存し、内部に当時の生産設備や塗料容器、歴史的資料などを展示しています。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る