日本初の化学の教科書「羅斯珂(ロスコー)氏化学」

資料番号 : 904490571003
所在等 日本ペイント歴史館
所在地 大阪府大阪市北区
製作(製造)年 1877年
種類 設計図・文献
製作者(社)等 東京開成学校 (東京大学の前身)
調査機関団体 平成21年度大沼主任調査員調査分
特徴 明治9年(1876年)~10年に中学校・師範学校用として東京開成学校(東京大学の前身)から発行された日本最初の化学の教科書。
日本ペイント株式会社の創業者、茂木重次郎の兄:春太が英語が得意で、東京開成学校の助手として奉職中、英国人ロスコー著「レッスンズ イン エレメンタリーケミストリー」を訳したものです。その後版権は文部省編輯局にも移りましたが、引き続き14年間に亘って化学教育に貢献しました。明治11年には「新化学要理」も翻訳し発行されましたが、その間に自然に身に付けた化学の知識が、塗料や亜鉛華(無毒白粉)の研究に生かされ、印税収入は全て事業化を目指す弟:重次郎の塗料製造法研究開発資金に注がれました。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る