官営釜石鐵山における鉄道用レンガアーチ橋(釜石市指定文化財)

資料番号 : 904390561003
所在等 釜石市指定文化財
所在地 岩手県釜石市
製作(製造)年 1875~1879
種類 その他(実物)
製作者(社)等 官営釜石鐵山
調査機関団体 平成21年度彼島主任調査員調査分
特徴 官営釜石鐵山時代、高炉のある鈴子地区と鉄鉱石のある大橋地区との間の本線、木炭の小川製炭所を結ぶ支線の鉄道が敷設された。明治7年に英国人技師が計画立案し、明治9年に日本で2番目に着工、明治13年に日本で3番目の鉄道として竣工した。このアーチ橋梁は暗渠(カルバート)で1号、2号とも小川支線で建設され、現在市道として利用されている。鉄道用橋梁として日本最古と考えられている。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る