1軸式ガスタービン量産機 S1A-01ガスタービン

資料番号 : 904190541002
所在等 川崎重工業株式会社 明石工場
所在地 兵庫県明石市
製作(製造)年 1975
種類 量産品
製作者(社)等 川崎重工業株式会社
調査機関団体 平成21年度星野主任調査員調査分
特徴 S1A型は川崎重工業が1975年に量産化を目指して初めて開発した150KW級の発電用ガスタービンである。開発に際しては小型ガスタービンの最大の難点とされたコストと燃費の改善に留意して、構造は最もシンプルな一軸式とし精密鋳造品を多用して部品点数の低減を図る一方、圧力比やタービン入口温度は高く設定して高効率の達成を目指した。
その後、S1A型をベースにスケールアップやパワーアップを矢継ぎ早に実施して短時間でカワサキガスタービンシリーズを完成したが、本機はこのシリーズの先兵として市場の開拓に大活躍した。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る