ディスクブレーキ(日本独自技術による最初のフィスト型ディスクブレーキAD-P{Akebono Disc Parking}、富士重工レーネ前輪向け) AD-P型ディスクブレーキ

資料番号 : 903890500009
所在等 曙ブレーキ工業(株)Ai-museum(ブレーキ博物館)
所在地 埼玉県羽生市
製作(製造)年 1978
種類 量産品
製作者(社)等 曙ブレーキ工業
調査機関団体 平成20年度林田主任調査員調査分
特徴 従来ディスクブレーキは全て外国技術の導入であったが、曙ブレーキが独自開発したフィスト型のAD型ディスクブレーキである。それまで摺動部は外部露出であったため塩害による錆付き固着問題があった。これを解決するためピンスライドとし、ゴムブーツでカバーして密封構造にした。鋼板製の軽量高剛性マウンティングブラケットとし、スライドピンを圧接した構造とした。独創性、新規性が認められ1982年に日本機械学会賞を受賞した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る