寺沢式微小硬度計 寺沢式

資料番号 : 903490460017
所在等 株式会社山本科学工具研究社
所在地 千葉県船橋市
製作(製造)年 1949
種類 量産品
製作者(社)等 大洋テスター株式会社
調査機関団体 平成20年度小賀主任調査員調査分
特徴 武蔵工業大学の寺沢正男教授が軟質金属の金属組織、変形挙動を研究する過程で、必要にせまられ、本多達三講師の協力を得て考案した微小硬度計。荷重負荷に精密天秤の原理を応用したことで、極めて高感度にビッカース硬さを測定できるようになった。5〜500gfの荷重範囲で測定が可能で、負荷速度調整にオイルダンパーを使用しないので機械的な測定誤差がない。圧子を別に用意すれば、ヌープ硬さや引掻き硬さの測定もできる。試作機を用いて得られた実験データは3年有余学会等で発表され、測定精度、安定性、耐久性でその優秀性が関係者に認められ、大洋テスター(株)で製品化された。その後、1972年(昭和47年)には電動式自動負荷装置付きの“寺沢式M-2型微小硬度計”が製品化されている。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る