C型スクレロスコープ(C型ショア硬度計) C型Scleroscope

資料番号 : 903490460013
所在等 株式会社山本科学工具研究社
所在地 千葉県船橋市
製作(製造)年 1922
種類 量産品
製作者(社)等 アメリカ:ショア(Shore)社
調査機関団体 平成20年度小賀主任調査員調査分
特徴 ショア硬度計のオリジナルメーカーである、アメリカ:ショア社製のC型ショア硬度計で、その後、我国で国産化されるC型ショア硬度計のモデルとなった。本来は計測筒と機枠(腕部と受台)からなるが、現在、計測筒のみが保存されている。A.F.Shoreが1906年(明治39年)に、最も簡便な現場用硬さ試験機として、1/12オンス(2.4g)の重量で先端にダイヤモンドを埋め込んだハンマーを10インチ(254mm)の高さから落下させ、その反発高さから、材料の硬軟を識別する方法を考案、“スクレロスコープ”の名称で製品化した。C型ショア硬度計では反発高さを目読で測定する。“スクレロ”はギリシャ語で“硬い”の意味。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る