巻線チップインダクタ LE SERIES M TYPE

資料番号 : 903190430001
所在等 太陽誘電株式会社 電子部品事業本部
所在地 群馬県高崎市
製作(製造)年 1980~1986
種類 量産品
製作者(社)等 太陽誘電株式会社
調査機関団体 平成20年度一ノ瀬主任調査員調査分
特徴 テレビ、ビデオなどの民生機器の高性能化に伴い、機器の小型化が進み、実装基板の高密度化、多層化が始まった。これに伴い、電子部品もリード付部品から表面実装部品へと変化が始まった。1980年代中頃から民生機器の高性能化に伴い、表面実装化の流れが始まり、モールドタイプの開発が行われ、その後、1990年代後半から携帯デジタル機器の普及により、より小型、高性能の角チップタイプの開発が行われた。モールドタイプに対して角チップはデッドスペースが少ないため、同性能でワンサイズ小型化が実現できている。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る