試作オープンサイクルガスタービン MUK-502

資料番号 : 903090420016
所在等 三菱重工業(株)長崎造船所史料館
所在地 長崎県長崎市
製作(製造)年 1964
種類 試作品
製作者(社)等 三菱造船(株)(現、三菱重工業(株))
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 1961年に完成し、防衛庁の駆潜艇「はやぶさ」にブースタ用として搭載されたMUK-501(常用出力5,000馬力)に引き続き試作されたオープンサイクルガスタービン。MUK-502と呼ばれるこのガスタービンは、舶用ガスタービンに要求される急速起動と小型軽量を目指し、1964年に完成した。軸流11段の空気圧縮機、8個のキャニュラ形燃焼器、圧縮機タービン(2段)及び出力タービン(1段)で構成される。常用出力は5,000馬力、タービン入口温度は780℃、出力タービンの回転速度は7,200rpmであった。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る