「北斗丸」500馬力タービン

資料番号 : 903090420015
所在等 三菱重工業(株)長崎造船所史料館
所在地 長崎県長崎市
製作(製造)年 1954
種類 その他(試験機)
製作者(社)等 三菱造船(株)(現、三菱重工業(株))
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 このガスタービンは、1954年に運輸省の航海訓練船「北斗丸」(排水量1,500トン)に搭載後実用運転を開始した我が国の実用第1号ガスタービンであり、世界で2番目に、実際に商船に搭載された歴史上記念すべきエンジンである。主機関の蒸気タービン(最大出力1,400馬力)に併置されて用いられたオープンサイクル、再生二軸式ガスタービンで、出力は500馬力、B重油を燃料とし、燃焼温度は650℃であった。19段の軸流圧縮機、円筒直流形燃焼器、軸流5段の高圧(圧縮機駆動)タービン及び軸流3段の出力タービンで構成される。実船での試験は1958年まで行われ、ガスタービン技術の発展に大いに貢献した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る