MW-191形ガスタービン(ロータ) MW-191G

資料番号 : 903090420014
所在等 三菱重工業(株)高砂製作所
所在地 兵庫県高砂市
製作(製造)年 1971
種類 その他(受注生産機)
製作者(社)等 三菱重工業(株)
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 このロータは、三菱レイヨン(株)豊橋事業所において、1971年から15年間、101,538時間にわたり運転されたMW-191形ガスタービン(出力:14,000kW)のロータである。このガスタービンには、排ガスボイラも設置されており、発電と同時に、ガスタービンの排ガスによって工場用プロセス蒸気を発生する、いわゆるコージェネレーション(電熱併給)プラントとして運用された。燃料としてC重油を使用しており、ガスタービンへのC重油適用についての技術の蓄積に貢献した。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る