AGTJ-100A形ガスタービン AGTJ-100A

資料番号 : 903090420009
所在等 日本工業大学 工業技術博物館
所在地 埼玉県南埼玉郡
製作(製造)年 1983
種類 その他(試験機)
製作者(社)等 高効率ガスタービン技術研究組合
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 通産省工業技術院の大型省エネルギー技術研究開発制度(ムーンライト計画)の下で、当時の国立研究機関及び民間企業14社が設立した「高効率ガスタービン技術研究組合」が一体となって開発した高効率ガスタービン。複合発電システムとしての総合熱効率50%LHVを達成することを目標にしており、タービン入口温度1,300℃、発電容量100MWの単純開放サイクル、中間冷却、再熱式ガスタービンである。1984年3月から3年半にわたり、東京電力(株)袖ヶ浦火力発電所の構内で負荷試験が実施され、貴重な運転データが得られた。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る