1,500℃級高効率ガスタービン(試作高温部品)

資料番号 : 903090420007
所在等 東北電力(株)東新潟火力発電所 聖籠コンバインドサイクル・テクニカル・ミュージアム
所在地 新潟県北蒲原郡
製作(製造)年 1989〜1995
種類 試作品
製作者(社)等 三菱重工業(株)、(株)東芝、(株)日立製作所
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 1989年、東北電力(株)は、「高効率ガスタービンの開発研究(AGT開発研究)」をスタートさせた。AGT開発研究は、実用化に必要な要素技術開発を三菱重工業(株)、(株)東芝及び(株)日立製作所と実施したもので、研究期間は、最新技術の開発からその検証にまで6年間の長期にわたるものであった。将来の発展性を考慮してタービン入口温度は1,500℃とし、高性能冷却翼、動静翼用耐熱材料及び高温・低NOx燃焼器に関する要素開発が行われた。そして、その成果は、1996年4月に運転を開始した東新潟火力発電所4号系列に盛り込まれた。現在、同発電所には、研究開発で使用されたテストロータや動静翼が保存展示されている。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る