国産発電用1号ガスタービン

資料番号 : 903090420004
所在等 東京電力(株)電気の史料館
所在地 神奈川県横浜市
製作(製造)年 1949
種類 その他(試験機)
製作者(社)等 石川島芝浦タービン(株)(現、(株)東芝)
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 大戦後、航空機関係の研究が禁止される中、1947年に鉄道技術研究所で機関車用を目的に国内最初のガスタービンの研究が開始された。この研究で製作されたタービンは「1号ガスタービン」と称され、原型は石川島芝浦タービン(現、東芝)が開発した高速魚雷艇用のものである。当時土中に秘匿されていたが、発掘、大修理の後、1949年に運輸技術研究所(現、海上技術安全研究所)に移設された。設計出力1,640kW、設計タービン入口温度650℃、機器構成は、20段軸流圧縮機、直流形燃焼器2個及び軸流4段タービンである(独立行政法人海上技術安全研究所所蔵資料、現在は東京電力(株)「電気の史料館」に貸与され、展示されている)。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る