MF-111形ガスタービン MF-111A

資料番号 : 903090420003
所在等 新日本石油精製(株)水島製油所
所在地 岡山県倉敷市
製作(製造)年 1986
種類 その他(受注生産機)
製作者(社)等 三菱重工業(株)
調査機関団体 平成20年度池上主任調査員調査分
特徴 三菱重工業(株)が製造したMF-111形ガスタービンは、タービン入口温度1,250℃での連続運転を可能とする高度な冷却技術を適用した、産業用としては世界で初めての第三世代ガスタービンである。MF-111形は、一軸式ヘビーデューティ形で、発電機駆動専用の設計であり回転速度は、9,660rpm、減速歯車装置を介して発電機を駆動する。初号機は、1986年8月に三菱石油(株)(現、新日本石油精製(株))水島製油所に納入され、現在も稼働中である(累計運転時間は約175,000時間)。その後、主として、製油所などのコージェネレーション設備の主機として国内に29台が納入された。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る