エックス線回転横断撮影装置(座位)

資料番号 : 902690370009
所在等 国立大学法人 弘前大学
所在地 青森県弘前市
製作(製造)年 1953~1957
種類 その他
製作者(社)等 高橋信次 他、島津製作所(回転作動部分?)
調査機関団体 平成19年度平尾主任調査員調査分
特徴 CTの先駆けとなり放射線診断の革新的変化をもたらした、エックス線回転横断撮影装置の試作機。独立した一つの機器として作られたものではなく、被写体、フィルム回転部分と、他の機器からX線管球を借用して合体させたとされる。試作機ではあるが、長年にわたり実際の臨床の場に用いられた。被写体が立、座位をとるので、膝間接の荷重状態の撮影が可能なので、整形外科では重宝されたようだ。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る