銅版画「王子製紙会社略図」

資料番号 : 902190300005
所在等 財団法人 紙の博物館
所在地 東京都北区
製作(製造)年 1877
種類 量産品
製作者(社)等 村井静馬 画、綱島亀吉 版
調査機関団体 平成19年度飯田主任調査員調査分
特徴 明治8年(1875)、現在の東京都北区王子で創業を開始した抄紙会社は、翌年に「製紙会社」と改称した。この銅版画は、当時の工場内部の様子を伝えている。 右上の図には、工場のシンボルであるレンガ造りの煙突や、当時としては珍しい噴水が見える。その他描かれているのは、①蒸気釜、②元車、③洗方打方、④晒方、⑤破布煮釜、⑥破布切、⑦破布篩所、⑧種運昇機械、⑨抄紙機械、⑩光沢摺機械、紙切機械、度量、紙〆機械 である。  これらの機械設備はすべて英国製で、かなり正確に描かれている。⑧の原料運搬用の昇降機はわが国最初の水圧式エレベータである。日本で紙の機械生産が始められた明治初期には、木綿のボロが主原料だった。木材パルプが紙の主原料になるのは、明治40年頃のことである。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る