高圧汽缶用熔接缶胴加圧破裂試験報告

資料番号 : 901490210005
所在等 三菱重工業株式会社 技術本部 長崎研究所
所在地 長崎県長崎市
製作(製造)年 1938
種類 設計図・文献
製作者(社)等 三菱重工業株式会社
調査機関団体 平成18年度寺本主任調査員調査分
特徴 火力発電所のボイラの主要な構成部品であるドラム(缶胴;圧力容器)に対する、内圧による加圧破裂試験であり、国内では初の試験と思われる。本試験により、当時推定が困難であった大型(胴長3m、外径1.2m、肉厚46.5mm)の溶接構造物に対する破裂形態を明らかにした。本試験結果に基づく設計法は、トラムの信頼性向上に大きく、資するとともに、大型の圧力容器に対する試験・評価方法の礎となった。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る