巡洋戦艦「金剛」搭載ヤーロー式ボイラー

資料番号 : 901490210001
所在等 呉市海事歴史科学館
所在地 広島県呉市
製作(製造)年 1911年頃
種類 量産品
製作者(社)等 イギリス ヤーロー社
調査機関団体 平成18年度寺本主任調査員調査分
特徴 日本が技術導入のために外国に発注した最後の主力艦で、イギリスのヴィッカース社において大正2(1913)年8月16日、巡洋戦艦として竣工した「金剛」に搭載されていた重油と石炭混焼のヤーロー式ボイラー。このボイラー技術が国内で研究され、国産高性能艦艇用ボイラーの開発につながった。本資料は、イギリスのヤーロー社が開発した艦艇用ボイラーで、「金剛」が昭和10(1935)年~12(1937)年に近代化のため改装された時、陸揚げされ建物の暖房用として戦後まで使用された。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る