奥只見発電所の当時わが国最大容量(13万7千kW)の フランシス水車

資料番号 : 901390200017
所在等 電源開発株式会社 東日本支店 奥只見発電所
所在地 福島県南会津郡桧枝岐村
製作(製造)年 1959
種類 その他
製作者(社)等 東芝
調査機関団体 平成18年度田中主任調査員調査分
特徴 ・この水車は、1960年の運転開始当時、日本最大容量(137,000kW)のフランシス水車である。この水車の設計にあたっては、60mの変落差に対応するため、複数の水車模型を用いて性能確認を行なった。ケーシングは鋼板溶接構造であるが、現地据付工事の短縮を図るため、現地での接続部分は、ボルトによるフランジ接続構造になっている。(水車は現在も稼動中のため非公開)・水車ランナは、重量30t、最大外径4.04mで、国鉄郵送限界一杯の大きさであった。写真はオーバーホール時に取り出された3号機のランナ(ランナは実物を公開・展示中)
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る