隔膜法金属陽極電解槽 TSBM-6型

資料番号 : 901190180004
所在等 鶴見曹達株式会社
所在地 神奈川県横浜市
製作(製造)年 1972~1998
種類 量産品、設計図・文献
製作者(社)等 協立機械有限会社
調査機関団体 平成18年度相川主任調査員調査分
特徴 隔膜法金属陽極電解槽の開発              鶴見曹達は昭和9年に創業、アーレン・ムーア型隔膜法電解槽により創業を開始しました。             その後、自社技術の鶴見曹達式TS型電解槽の開発を皮切りに、電解槽の大型化、効率化を進め、更に自社発明の金属電極を採用したTSBM型電解槽を開発、次世代のイオン交換膜法電解槽に置き換わるまで稼動した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る