救命艇用火花式無線送信機

資料番号 : 900890141039
所在等 電気通信大学 歴史資料館
所在地 東京都調布市
製作(製造)年 1944
種類 量産品
製作者(社)等 東邦電機
調査機関団体 平成18年度森島主任調査員調査分
特徴 船舶の遭難通信専用の送信機。別体の蓄電池(6V)から電力を供給し、バイブレータで断続、変圧器で1,800Vまで昇圧した上で、火花式放電電極に印加して放電させると、付属の共振回路で国際遭難周波数500kHzの電波が発生する。アンテナの接続端子は本船用に加えて救命艇の短いアンテナに整合する端子も用意されている。太平洋戦争中、敵機/潜水艦の魚雷攻撃を受けた船舶の通信士は、この送信機で暗号化したSOSを発した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る