救命艇用受信機 RM-45L

資料番号 : 900890141037
所在等 電気通信大学 歴史資料館
所在地 東京都調布市
製作(製造)年 1943
種類 量産品
製作者(社)等 松下無線株式会社
調査機関団体 平成18年度森島主任調査員調査分
特徴 船舶の遭難通信専用のオートダイン方式中波受信機。400kHz~600kHzまでの周波数帯のA1とA2の電波を受信。構成は高周波1段増幅(UZ6D6)-再生検波(UZ6C6)-低周波増幅(UZ6C6)-低周波増幅(KY84)。救命艇用火花式無線送信機と対で使用。電源はAC100Vが必要なので、蓄電池で電動発電機(インバータ)を駆動してAC100Vを得た。救命艇の上では不便であったが、当時の技術では他に手段が無かった。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る