発電機3分割主軸(分割回転子) TAF-4P-93750kVA-1800rpm-VCH-13200V-60Hz-0.8pf

資料番号 : 900590111008
所在等 株式会社東芝 電力・社会システム社
所在地 神奈川県横浜市
製作(製造)年 1937
種類 写真
製作者(社)等 株式会社芝浦製作所(現 東芝)
調査機関団体 田里主任調査員調査分
特徴 昭和11年試験用35MVA短絡発電機(回転子材料約57トン)に当時の製鋼技術上中央鉄心部と両側の三部組立構造採用試作、翌年国産最大容量機の関西共同火力尼崎第2の93750kVA機(65トン)、その後昭和30年に東芝浜川崎の150MVA短絡発電機(約144トン)、等回転子経1.3mを超える4P機に採用、接続は焼嵌めと抗張力鋼のボルト締付けでボルト中心には過熱締付け用穴明きである。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る