わが国初10万kW超タービン・発電機(千葉火力発電所1号)

資料番号 : 900590111001
所在等 東京電力株式会社 電気の史料館
所在地 神奈川県横浜市
製作(製造)年 1956
種類 その他(受注製品)
製作者(社)等 アメリカ General Electric Co.
調査機関団体 田里主任調査員調査分
特徴 戦後の復興期の急増する電力需要に対応し、戦争で立ち遅れた技術を取り戻すために、米・GE社から輸入した大容量新鋭火力の1号機である。世界的に見て当時の最新鋭機であり、蒸気条件の高温・高圧化および再加熱方式の採用による効率向上、スケールメリットをめざした単機出力の大容量化、自動制御装置による中央制御方式など、随所に新技術が導入されていた。串型複流再熱衝動型タービン、出力:125,000kW、回転数:3,000rpm、蒸気温度:538℃、蒸気圧力:127kg/c㎡、水素冷却回転界磁型発電機、出力160MVA、電圧:15kV、冷却ガス:2.0kg/c㎡、水素圧:35℃冷却水。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る