製造図管理制度確立後の軸受第1号登録図面(図面番号 B No.1) 入れ穴付総玉形ラジアル玉軸受

資料番号 : 114411690014
所在等 日本精工株式会社
所在地 東京都品川区
製作(製造)年 1918
種類 設計図・文献
製作者(社)等 日本精工株式会社
調査機関団体 一般社団法人 日本ベアリング工業会
特徴 1916年軸受量産開始後、軸受の図面管理体制の整備に着手。1918年2月には我国で初の軸受製造図管理制度を確立させた。その第1号登録図面(図面番号 B No.1)は、海軍横須賀工廠長浦造兵部から発注のモーリスファルマン機の航空機操縦索滑車用軸受200個であった(外輪に半径方向から鋼球の入れ穴をあけ、鋼球を充填した後、小ねじで栓をする形式のラジアル玉軸受。B No.は終戦の時、11,337番で終了)。
資料公開状況 非公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る