等速ジョイント DOJ(ダブル・オフセット・ジョイント)

資料番号 : 114411690006
所在等 富士重工業株式会社 スバルビジターセンター
所在地 群馬県太田市
製作(製造)年 1965~1966
種類 量産品
製作者(社)等 NTN株式会社
調査機関団体 一般社団法人 日本ベアリング工業会
特徴 回転運動の伝達に使用する部品で、入力軸と出力軸の角度がどのような角度であっても、常に両方の軸が無駄なく等速で回転し、スムーズにトルク伝達ができる継手。日本で初めてNTNと富士重工業が共同開発し、日本のモータリゼーションの先駆けとなった「スバル1000」(1966年発売)に採用された。等速ジョイントは、前輪駆動方式の要となる部品であり、画期的なDOJの開発により日本における前輪駆動車の発展、普及に大きく貢献した。
資料公開状況 公開
本データベース記載の画像及びテキストの複製・転載を禁じます

検索結果一覧へ戻る